.
園の施設と概要歴史と生い立ちアクセス情報
理念と教育方針

園のモニュメントクスノキ
こころはばたく、こころはぐくむ基礎教育
幼児期は人としての基礎的な発達をとげる大切な時期。
先生の愛情と祈り、豊かな環境、これらに囲まれることによって
草木の新芽が日々伸びていくように、
子どもたちの知性と個性が確実に伸びていきます。
宝珠学園幼稚園は昭和24年(1949年)の設立以来、
早期における人格形成と倫理観の確立を目的に
「心」を重視した保育活動に取り組んでいます。
保育内容に関しては、創立間もない昭和27年に、
他園に先駆け「3年保育」を導入し、その長きにわたる
経験と実績、宗教心に裏打ちされた倫理教育のもと、
体育教育・音楽教育・知育教育を始めとして、
知・情・意のバランスある教育活動を行っています。
「何事にも前向きな姿勢と、真心を持った豊かな人間として
次代へ羽ばたいてもらいたい。」
そんな想いを胸に、これからも一層の精進を続け、
子どもたちにあふれる愛情を注いで参ります。

宝珠学園6つの心「おはようございます」と云う“明るい心”「はい」と云う“素直な心”「すみません」と云う“反省の心”「わたしがします」と云う“積極的な心”「ありがとうございます」と云う“感謝の心”「おかげさまで」と云う“謙虚な心”